整体師になった理学療法士の体に良いハナシ

整形外科勤務経験のある理学療法士が整体師になりました。日々の学んだことや感じた体にいいおハナシを書いていきたいと思います。

タッチの重要性

こんにちは。

Body Care EARTH院長の高尾です。

 

先日ともにオステオパシーを習っている方から

「高尾さんに触られたときにタッチの柔らかさにびっくりした!」というお言葉をいただきました。

その時は「え、そうですか?」といったものの、内心かなり嬉しかったり(笑)

そもそも、僕が普段の施術で一番意識しているのはそのタッチです。

特に関節を動かすときには細心の注意を払って触っているつもりです。

 

今回はなんでそこまでタッチに注意を払う必要があるのかについて書いてみたいと思います。

 

まず、僕は初めてタッチについて気にするようになったのは、約4,5年前のあるセミナーに行っているときでした。

そのセミナーはAKA-博田法です。AKA-博田法では非常にタッチを重要視しています。この手技は関節内の副運動技術に非常に長けているため、正しく副運動を促すためには正確なタッチは必須でした。

ことごとくインストラクターの方に触り方に関して「そんな触り方だと皮膚受容器が反応してしまう!」と注意を受けました。

当初は「そんなもんで変わるんかなー」と疑問に思っていましたが、実際に触り方を変えると反応が変わってくるんです。

 

まず、皮膚の受容器について

皮膚で感じる感覚には、触覚、圧覚、温覚、冷覚、痛覚などがあり、その受容器にはメルケル細胞、マイスナー小体、ルフィニ終末、パチニ小体、自由神経終末などがあります。

そしてそれぞれが刺激の強さや順応性などにより反応を示します。

 

そして僕がタッチする際に気を付けているのは「これらの受容器を極力反応させないこと」です。

もちろん完全に反応させないのは当然無理があります。

要は「不快刺激を与えないこと」が重要です。

もちろん、生理学的に上記の皮膚受容器には反応を示す閾値というものが存在します。

その閾値はそれぞれの受容器によって異なり、速度や刺激の強度によって何が反応を示すのかが変わってきます。

そして、すべての受容器が一定の強度を超えると不快刺激として反応を示し、周囲の筋緊張に異常が生じるようになっています。

この筋緊張の異常は身体を守るための防御的な反応だと思います。

しかも生理学的にはこの強度はだいたい決まっていますが、臨床的にはもっと弱い強度でも体は不快に感じ反応を示していると感じています。

 

また、関節を動かす際は皮膚受容器だけでなく、関節受容器というもの関与します。

関節受容器にはTypeⅠからTypeⅣまであり、それぞれが関節包や関節靭帯などにそんざいし、伸長やズレを検出します。

 

僕たちが学校で習った、位置覚や運動覚はこれらの受容器が反応することで関節の位置情報を脳が認識するようになっています。

 

そして関節が本来の動きではない動き方をした際に関節を守るために関節周囲の筋緊張が高まるようにできています。

 

つまり、筋緊張が高まるのは基本的に体が無意識化で不快感を感じた際に、身体を守るために発生します。

 

基本的に体の反応というのは自分自身を守るために固める方向に働きます。

 

しかし、一時的に固めるだけならいいのですが、その不快刺激が続き、一か所が固まったままになると今度はその動きが制限された部分を補うために他の部分が過剰に動くようになってしまいます。

 

結果としてその動き過ぎた部分が痛みを生じることになってしまいます。

 

この状態になっている人が本当に多い。

筋肉の状態でも、硬くなった筋肉よりも、伸ばされすぎている筋肉の方が痛みを出していることが良くあります。

 

腰痛を例にあげるなら、腹部の硬さがあり、そのせいで背部の筋肉が伸長されその伸長された筋肉に痛みが生じている人。

けど痛いのは腰なので、腰を揉んでほしいと感じます。

当然腰をいくら揉んでも腹部の硬さはそのままなので、改善することはありません。

 

僕の行っている施術では筋肉、関節、臓器の動きに制限がある部分のみを開放することで、可動性、自動性を正常化することです。

 

そのため、お客様に触る、動かす際に僕の手によって体に防御的な反射を出し、動きの制限を作ってしまっては元も子もありません。

 

なので手のふれ方、動かし方には最善の注意を払って行っていく必要があります。

 

少しお話が長くなってしまったので、「より良い触れ方の方法」は次の記事に書かせていただきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

最近だんだん暑くなってきましたので、お体ご自愛されてくださいね^^

自然治癒力を高める整体院
Body Care EARTH(ボディケアアース)
オステオパシーカイロプラクティック、頭蓋仙骨療法

営業時間:10:00~20:00 (完全予約制)
定休日:不定休
電話番号050-5240-2382


施術メニュー
予約はこちら
671-1341
兵庫県たつの市御津町釜屋6-7 2F