整体師になった理学療法士の体に良いハナシ

整形外科勤務経験のある理学療法士が整体師になりました。日々の学んだことや感じた体にいいおハナシを書いていきたいと思います。

自愛ということ

こんにちは。

自然治癒力を高める整体院Body Care EARTH院長の高尾です。

 

今回は自分を愛するということ「自愛」について僕なりの考えをお話したいと思います。

 

「愛する」と言うと、男女関係における「恋愛感情」であったり、親が子供に対する「無償の愛」という様なイメージがあるかと思います。

それでは「自分を愛する」というのはどの分類に入るのでしょうか?

 

自分最高♡自分大好きー♡ということでしょうか?

 

まぁそれも自分を愛するという言葉的には間違っていないのかも知れませんが、僕は自愛というのは

 

「自分を認めること」だと思っています。

 

僕達は子供の頃から「他者を評価する、他者に評価される」という経験を常にしてきてます。

 

そのため、最近よく耳にする「承認欲求」というものが強くなっているのではないかと思います。

僕自身「他者に認められたい。他者より上位にいたい」という欲求は強い方だと思っています。

 

けど、これって基準が他人になっちゃってますよね。

 

他者ありきの自分。。。

 

自分のこと愛せてないですよね^^;

 

もっとシンプルに考えましょう。

 

他人は他人!自分は自分!

 

人が違うんだから、考え方も能力も違っていいやん!

 

大丈夫!自分はすでにいいもの持ってるよ!

 

これくらいに考えてもいいんじゃないでしょうか?

 

あと、僕が身体を触らせていただくことをお仕事にしているので、余計かもしれませんが、僕は自分の身体が一番大事だと思っています。

昔から「医者の不養生」みたいな言葉ありますよね。

 

人の身体を見る医者が一番自分の身体を疎かにしているという意味。

日本では自己犠牲が素敵みたいな感覚ありますが、どう考えてもおかしい。

 

だってその医者が病気になって、患者さんを見ることができなくなれば、患者さんはどうなるんですか?

 

医者が自分の身体を疎かにしたことで、助かったはずの患者さんが助からなくなるということじゃないですか?

 

人の健康に携わる人は誰よりも自分の身体に気をつける必要があるのではないかなと思っています。

これも「自愛」なのではないかなと思います。

 

僕にも子供がいるので、「自分よりも子供が大事」という感覚もわかります。

けど、それも自分が健康であってこそなのかなと思います。

 

だから、大切な人がいる人こそ、まずは自分の身体についてもう少し目を向けてあげてください^^

 

「自愛」ができてこそ「他者への慈愛」ができるのではないかと思います。

 

もちろん、自分の身体のメンテナンスの仕方が分からなければ、僕たちにご相談いただければ、健康に向けてどのようにしていけばいいのか、一緒に考えさせていただきたいと思います!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。 

自然治癒力を高める整体院
Body Care EARTH(ボディケアアース)
オステオパシーカイロプラクティック、頭蓋仙骨療法

営業時間:10:00~20:00 (完全予約制)
定休日:不定休
電話番号050-5240-2382

 
施術メニュー
予約はこちら
671-1341
兵庫県たつの市御津町釜屋6-7 2F